【初心者DIY】コミック棚を作ってみました~制作編~

自作・DIY

こんにちは、阿木人です。

コミック棚を作りました。DIY初心者が初心者向けに書く記事です。DIY上級者とか、上手な人の記事ばかり読んでもよく分からない所とかあるんですよ…。なので、なるべく同じ初心者目線に立って色んな道具の使い方とかちょっとしたコツとかを書いてみたいと思います。 画像多めでいきます。

ちなみに完成品はこんな感じです↓

前回の記事で、材料と道具の紹介をしました。

【初心者DIY】コミック棚を作ってみました~材料・道具紹介~
こんにちは、阿木人です。コミック棚を作ります!DIY初心者が初心者向けに書く記事です。DIY上級者とか、上手な人の記事ばかり読んでもよく分からない所とかあるんですよ…。なので、なるべく同じ初心者目線に立って色んな道具の使い方とかち...

今回はホームセンターでカットしてもらいましたが、のこぎりガイドを使って自分で切るのもありですね。

更に自分でカットする場合は、ワークベンチがあると便利だと思います。

ポイント
  • DIY初心者による初心者向けの記事です
  • コミックが置ける本棚を作りました
  • なるべく安く作る
  • 細かい事は気にしない

棚を作る上で、コミックのサイズや重さ、床の耐荷重なども軽く調べたので別記事でまとめてあります。

【初心者DIY】コミック棚を作る際の本のサイズや重さ、床の耐荷重など
こんにちは、阿木人です。初心者DIYとしてコミック棚を作ったのですが、その時に必要だった本のサイズや重さなどの情報をいくつかまとめておきます。作成時の材料や道具の紹介はこちらの記事実際制作した過程などをまと...

スポンサーリンク

手順1 必要な材料のイメージと材料のカット

汚くてすみません。自分で分かる様にしか書いてませんが、一応必要な材料の寸法と枚数、カットにかかる金額を簡単にメモったものです。今回は1×4材で作りました。コミック棚作るなら本当は1×6か1×8が楽で良いと思いますが、金額の安さ重視でやりました。

メモの上の部分が、棚の底の部分と各段の高さ・幅ですね。下の部分が、必要な枚数と寸法、カットの仕方です。カットはホームセンターでやってくれますが、上手い事まとめて回数を少なくカットしてもらう事で、金額が安く済みます。今回は1×4材を6枚分カットしてもらって、18枚の材料になりましたが4カットで済みました。

こんな感じで、ホームセンターでカットしてもらうと楽です。ラップでまとめてくれますね。

電動丸のこを持っていると自分で出来て楽なんですが、私は持っていません。なお電動丸のこは非常に危険なので、取り扱いは充分に気を付けましょう!DIYで使う電動工具の中で一番事故が多く危険らしいです。知り合いで指が千切れかけた人がいます。 便利は便利なんですけどね。

手順2 側板に線を引く

側板に線を引きます。今回は棚の厚さを抜いて、190mm間隔です。青年コミック(カイジとかキングダムとか)が入るサイズです。少年コミックと文庫コミックもこの高さがあれば置けますね。ワイドコミック(ドラゴンボール完全版とか百姓貴族とか)は置けません。

線を引く間隔が固定なら、画像の様に適当な端材を引きたい間隔にカットして置いて、定規代わりに使うと楽でした。

なるべく直角に線を引きたいので、このように差し金をあてて線を引きます。

ひたすら線を引きます。コミックの上下にある線の所に、段となる板を設置予定です。この幅なら青年コミックがギリギリ置けますね。

手順3 下穴あけ

線を引き終わったら、次はビス止めです。いきなりビスを打つと木材が割れたりする事もあるので、今回は一応下穴を開けました。 下穴はビスよりも小さい穴にしないとビスの効きが悪くなります。 ある程度厚さがある木材なら下穴いらないと思います。

一段あたり、片側に2本ビスを打とうと思います。まずは穴を開けたい所に印をつけて…

貫通したら床が破損するので、いらない端材を下に置いて…

電動ドリルで開けました。これをひたすら繰り返す。

手順4 ビス止め

下穴を開けたら、次はビス止めです。ビスは35mmの長さのを使いました。これくらい長さがあればちゃんと止まるかな。

使った電動ドリルはこれです。

結構安いですが、初心者ならこれで充分。問題無く使えましたよ。

あー、ドリルビットも一応以前に買いました。ドライバーとドリルがセットで入っているやつです。私はホームセンターで買ったんですが、ものとしてはこんな感じのやつです。 ※ドリルは木工用、鉄工用など、用途が決まっているのでちゃんと確認しておいた方が良いです。

さて、ビス止めしたいのですが1人で作るので、材料を押さえてもらう手が足りません。なのでクランプが活躍。これはダイソーに1個200円で売ってたF型クランプですね。

直角に止めたかったので、こうやって使いました。(完全な直角にはなりませんが、クランプ無しで自分の手のみでやるよりよっぽど精度高く出来ます)

角の所はこう。

相棒のクランプ君と共に、ビス止めをしていきます。

角の補強も念の為します。これもダイソーに売ってたL字金具。2個セットで100円。

この金具に合うビスはダイソーに見当たらなかったので、ホームセンターで買いました。

大体完成。

手順5 設置と転倒対策

あとは設置ですが、実は1×4材だと、奥行きが足りないので同じ棚をもう一つ作りました。正直面倒でした…。

で、2つ作ってそれをくっ付ける。端材で適当に繋げます。

あとは転倒防止。棚に結構高さがあるので何かしら対策をしないとと思ったら、ちょうど鴨居と鴨居フックが使えそうだったので利用。棚上部と鴨居フックを紐で括り付けました。意外と丈夫っぽいし、この棚付近に普段はいないのでまぁ良しとします。

完成!コミックが一杯入ります!なんか格好悪いが気にしない!

まとめ

私は初心者なのでこれ作るのに丸一日掛かりました。結構楽しかったですけどね。

今回の反省と改善案としては、

・1×4だと奥行きが足りなかったので2つ作るのが非常に面倒だった→最初の設計をちゃんとやる

・転倒対策をしっかり考えてなかった→最初に決めておく

・時間がかなり掛かった→道具の扱いに慣れる、直交クランプを買う?

の3点です。 逆に良かった点は、

・欲しかった段数と収納力で作れた

・かなり安く作れた

設計の大事さを知った

ですね。

やってみないと分からない事も結構あると思うので、初心者の方は失敗を恐れずまずはやってみよう!という精神があれば良いと思います。私も色々やって失敗していきたいと思います。

それでは、ここまで読んで下さってありがとうございました。