一人暮らし初心者がやること「契約時に必要なものとポイント」

引越しハウツー

こんにちは、阿木人です。

これから一人暮らしを始めたい方、色々と分からないことありますよね。「そもそも何から調べるの?」「どういうポイントがあるの?」そういった悩みを一つでも解決出来ればと思います。

一人暮らし初心者の方向けに、約2年に1回のペースで引っ越しをしている私の実体験からアドバイス的なものを書いていきたいと思います。

内見のポイントはこちら

一人暮らし初心者がやること「内見のポイント」
こんにちは、阿木人です。これから一人暮らしを始めたい方、色々と分からないことありますよね。「そもそも何から調べるの?」「どういうポイントがあるの?」そういった悩みを一つでも解決出来ればと思います。そこで今回は一人暮らし初心...

色々内見を行って、実際に借りたい物件が決まったら、次は不動産会社との契約になります。

スポンサーリンク

契約時に必要なもの

何点か必要なものがありますが、不動産会社によって違うものもあるので、実際の契約する会社に必ず確認をして下さい。また、必要なものは揃えるまでに時間が掛かるものもあります。日程には余裕をもって準備しましょう。

本人確認書類 : 運転免許証や保険証など。

住民票、印鑑証明 : 市役所に行けば手に入ります。

所得証明(源泉徴収票、確定申告書など) : 源泉徴収票は会社員の方なら、会社に言えばくれると思います。

保証人関連の書類 : 連帯保証人の方の、住民票、印鑑証明、所得証明など。承諾書に連帯保証人の直筆で署名と捺印が必要。※連帯保証人のスケジュールも確認しないと、思わぬ日数が掛かる場合があるので注意

金融口座印 : 家賃の支払いを口座からの引き落としにする場合に必要。もちろん口座番号も。

お金 : 敷金、礼金、一か月分+日割分の家賃、仲介手数料や保証料など、最初に払うお金も結構あります。クレジットや振り込みなどで後からでも大丈夫なパターンもあります。

学生、未成年の場合

契約をしたい人が学生や未成年の場合、実際住むのは本人であっても契約者は保護者でお願いされるケースもあります。まぁ収入がしっかりしていて家賃がちゃんと遅延なく支払えないと大家さんも困りますしね。

契約の流れ

申し込み:ここで記入した書類をもとに、次の入居審査が行われます。間違いのないように記入しましょう。

入居審査:数日~1週間程度掛かると思います。勤めている会社経由ならまず引っかからないですね。支払い能力など、問題無ければ次へ進みます。

重要事項説明:不動産会社にて、物件を借りる上での大切な項目について書類を見つつ口頭で説明を受けます。これは宅建の資格を持っている人じゃないと説明してはいけないらしいです。ちょっとでも気になったところがあったら、ここで必ず質問なりして確認しておきましょう。

契約書への記入:問題なければ契約書へ記入します。

初期費用を支払う:敷金礼金家賃、その他保険料などの支払い。振り込みや現金手渡しなど会社によって違います。

まとめ

契約時に必要なものは不動産会社によって違いがあるので、必ず自分が利用する不動産会社に確認をして下さいね。

この契約が終われば一区切りですが、次はまだ引っ越しが待っています。

一人暮らし初心者がやること「引越しのポイント」
こんにちは、阿木人です。これから一人暮らしを始めたい方、色々と分からないことありますよね。「そもそも何から調べるの?」「どういうポイントがあるの?」そういった悩みを一つでも解決出来ればと思います。一人暮らし初心者の方向けに...