【新型コロナ茨城で5人目(つくば)】県内在住者からの実際の感想

健康に関する事

こんにちは、阿木人です。

3月17日に茨城県で新型コロナの初感染者が確認されてから一週間、感染者が5人目まで増えました。

段々状況が悪くなっているにも関わらず、学校・部活の再開への指針が出たり、先日の3連休に多くの人が外出していましたね。なんだかのんきな人多くありませんか?日本は、茨城は、自分は絶対平気だと思っている人、関係無いと思っている人、結構多くありませんか?

別に不安を煽るつもりは無いですが、かといって無警戒に生活するのも違うと思うので、今一度気を引き締めて行きましょう。

スポンサーリンク

茨城感染者の1人目~3人目まで

ここまでは、感染してしまった方本人に海外渡航歴がありました。1人目は仕事なのでともかく、2、3人目は個人的な海外旅行なので「こんな時期によく行ったな…」という感想です。

ただし感染の内容が変わったのが、4人目以降です。

新型コロナ茨城で4例目と5例目の感染者情報(土浦、つくば)

4人目が確認されたのが22日夜です。土浦在住の方で、最近の海外渡航歴は無し。

都内の病院勤務で、常磐線の荒川沖駅を利用していた様ですね。居酒屋でアルバイトしていたタイミングもあると。

茨城・新型コロナ 4例目は40代女性、都内医療機関に勤務

勤務先の病院では今の所感染者は出ていないという事ですが、感染経路として疑わしいのはやはり勤務先の病院かと思われます。「帰国者・接触者外来」を担う病院だったらしいので。

しかし、あくまで疑わしいだけであって現状は感染経路不明です。


5人目の発表があったのが23日です。つくば市在住、最近の海外渡航歴は無し。筑波記念病院に入院中で酸素吸入が必要な状態。

《新型コロナ》茨城県内5例目、感染源不明 つくばの80代男性、渡航歴なし

これが一番まずいパターンですね。

同日夜に記者会見した大井川和彦知事は「これまでの事例とは質的に異なる。われわれが把握していない感染源があったということで危機感を持っている。クラスター(感染者の集団)の可能性もゼロではない」と述べた。

さらに大井川知事は、今後の調査で感染経路が把握できない場合、同市でのイベントや会食の自粛要請など、「一段と踏み込んだ措置に移る可能性もある」と言及した。

引用元:茨城新聞クロスアイ

海外渡航歴無し、疑わしい(ある程度可能性の高そうな)感染経路不明。

入院前の行動範囲はほぼ自宅・病院・病院付属のリハビリ施設に限られるそうですが、ちょっとした買い物や通り道なんかで他にも人が集まる場所に行った可能性も捨てきれません。

国や県が把握していない、症状の出ていない感染者が茨城県にいる事は明白です。特に県南は危ない。

【新型コロナ対策】茨城は今後どうなるんだろう

↓こちらの記事によると、いかに医療体制が整っていないかが分かります。ただ、こんな状態の内になんとなく不安という人が「検査・検査」といって病院が埋まってしまうと、本当に入院が必要な人が使えなくなります。医療崩壊してしまったらどうなるかは既に他国が示しています。

ただ病床数は現状で十分ではない。

三つの医療圏ごとに県内を分けた地域別病床=図=を見ると、「つくば・県西」の確保病床数は29床で、「県央・県北」の80床、「県南・鹿行」95床のそれぞれ半分にも満たない。

また、厚労省は流行ピーク時に1日に外来受診する患者数と入院治療が必要な患者数、重症患者数を推計する式を提示しており、本県に当てはめると、順に9790人、5180人、170人となる。

引用元:茨城新聞クロスアイ  《新型コロナ》茨城県内204床、重症度で分担

日本は感染を完全に防ぐ事(水際対策)には失敗しています(世界中がそうです)。今はいかにクラスターを早く見つけるか、オーバーシュートを防ぐか、その間に医療設備を整えるかの段階だと思います。

同じ事が茨城にも言えますね。茨城も水際対策は出来ませんでした。というか他県と陸続きなので土台無理ですが。

クラスターを見つけるために検査が必要だが、検査をしすぎても病院の設備が足りない。けれどもオーバーシュートは防がなければならない。この非常に難しい舵取りをしているのが現状の日本であり、失敗した他国で医療崩壊が起こっています。

今の所茨城はどうなのか。クラスターを見つける事は出来ているのか。4人目、5人目の例を見るに、見つけられてはいませんよね。そして2例目の知事の初期対応(情報の出し方)を見るに、対応に不安が残ります。


厚生労働省が19日に発表した専門家会議の内容がニュースにありました。

専門家会議/新型コロナウイルス「人口の79.9%が感染」の推計も

現在感染者として確認されたのは、あくまで「約2週間前の新規感染の状況を捉えたもの」という事を忘れてはいけません。茨城の初感染者情報は17日に確認されました。そこから約1週間で5人目まで。しかも全て違う感染経路からと推測されます。

これから2週間の間に更に感染者が増える事が予測されるので、なおさら「不特定多数の人々が集まる場所やイベント」に行く事は避けるべきです。

【新型コロナ茨城で5人目(つくば)】県内在住者からの実際の感想まとめ

散発的な発生はもう抑えられません。というか抑えられていません。状況は既に集団感染の発生が先か、対応できる医療設備は整うのか、という感じがします。

今の所「換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声」が重なった場合に集団感染が起きると分析されています。あくまで集団感染であって、小規模な感染ならどこでも起こり得ると思います。

(屋形船で感染が広がった例もあるので、人が多くても屋外なら平気というのも違う気がします。屋形船ってそこそこ換気良さそうですし…)

ただ、こういった場所を避ける事が専門家でもない一般人の私たち一人ひとりが唯一コントロール出来る防御策です。そして普段からのこまめな手洗い、うがい、体調を整えるなどの、他の病気にも対策となる基本的な衛生管理。これをしていくしか無いと思います。

これ以上感染が広がらない事を祈ります。

・・・

本日(3月24日)夜、人数が倍になりました。