【マージタクティクス】錬金術師【ブロック評価】

【マージタクティクス】錬金術師【ブロック評価】 マージタクティクス

マージタクティクスのブロックの評価です。

錬金術師は色んな事が出来る器用なブロックです。

エンドレスモードでの最強キャラ候補。

錬金術師とファーマー(または鉱夫)、見習い兵がいればエンドレスモードで数百WAVE、数千WAVEも可能。

スポンサーリンク

錬金術師のステータスとアビリティ

※LV8の状態でのステータスです。
※すみません、他のブロック評価はLV7ですが錬金術師だけLV8です。

※アビリティでステータスが上がる分は加味していません。素のステータスです。

※城下町施設のレベルや所持司令官によってステータスが変わると思うので、あくまで私の状態です(司令官はヘンリーとアモンのみ所持)。他のブロック評価も、施設と所持司令官が同じ状態でのステータスを記載します。

ブロック名錬金術師
レアリティレア
タイプ魔法
コスト15
体力642
攻撃力143
クールタイム4

続いてアビリティ。

レベルアビリティ名内容
LV1無し無し
LV3愛の妙薬※16ターン毎に1回、3タイル内にいる敵に愛の妙薬を投げる。対象のHPが19%以下であれば魅惑(敵を味方にする)状態になる
LV5治療ポーション12ターン毎に1回、2タイル内の味方2個に、攻撃力の125%分のHPを回復
LV7錬成7段階で、ランダム遺物を1つ獲得
LV10アロエ治療ポーションの回復量が攻撃力の20%分増加し、デバフ効果を治療

※通常の攻撃範囲よりも1タイル分広い

錬金術師の評価

エンドレスモードでの最強キャラ候補。

割と何でも出来る。

まずはメリットから。

メリット
  • 遠距離攻撃が可能
  • 敵を魅惑出来る
  • 味方の回復も出来る(しかも一度に二体)
  • マージ段階7になると遺物が獲得出来る
  • エンドレスモード攻略では必須級のブロック

続いてデメリット。

デメリット
  • 狙って魅惑をする事が難しい
  • 魔法ブロックなので体力は低め
  • 攻撃のクールタイムが4なので少し長い(魔法ブロックなら普通だが)

以下コメント。

遠距離攻撃・味方の回復・敵の魅惑・遺物獲得の4つが出来る万能キャラ。

攻撃は普通レベルだが、回復は一度に二体回復が出来るので割と心強い。

12ターン毎に2体なので、6ターンに1体回復するレベル。1体あたりの回復量も悪く無いです。

しかし錬金術師の真価は何と言っても「敵の魅惑が可能・遺物の獲得」の二点。

特にエンドレスモードの後半では敵のマージ段階が50になる為、こちらも50のブロックで戦わないと厳しい。マージ段階50の近衛兵とか敵で出てきますし。

しかし、魅惑をしないと自分で50のブロックを作る事は非常に難しい為、錬金術師は必須レベル。

さらにマージ段階が7になった時にランダムで一つ遺物を獲得出来るので、これもエンドレスモードでは必要。

何百個という遺物をエンドレスモードで獲得する事も可能なので、非常に頼りがいのあるブロックです。

ストーリーモードやチャレンジモードでもまぁまぁ戦えますが、とにかくエンドレスモードで輝きます。

注意点としては、通常攻撃の射程が2タイル分しか無いのであまり後方に下げると攻撃が届かない事と、体力が少な目なので油断すると敵の遠距離攻撃で直ぐ溶ける点です。

まとめ

「エンドレス?まかせて下さい」なブロック。

攻撃も回復も魅惑も遺物獲得も出来る器用なキャラですが、特にエンドレスモードで輝くブロックです。

アビリティが一見すると分かり辛いですが、実際使ってみると非常に多彩な動きをする便利キャラだという事が分かると思います。