【スペルブレイク】ソロでの立ち回り【生存重視】

PS4

こんにちは、阿木人です。

スペルブレイクの、ソロでの生存重視の立ち回りを書いてみます。

スペルブレイクを始めたて・立ち回りがよく分からない・少しでも勝率を上げたい方は、この記事を読む事でちょっとレベルアップ出来る筈です。

※「とにかく最初から戦闘がしたいぜヒャッハー!」という方は本記事の真逆の事をすると良いと思います。

※立ち回りにも影響しますが、ルーンは「透明」が非常におすすめ!

こんな人におすすめ
  • スペルブレイク初心者
  • ソロでの立ち回りを知りたい
  • 生き残る確率・勝率を上げたい
  • まだ戦闘が得意では無い

スポンサーリンク

【スペルブレイク】ソロでの立ち回りの前提

まずはソロでの立ち回りの前提として頭に入れておいた方が良い事を羅列します。

  • 基本的に戦闘は避ける
  • ヘイトを集めない様にする
  • 序盤~中盤はひたすらアイテム集め

以上の3つは頭に入れておきましょう。

このゲーム、勝つ為ならば終盤までの戦闘にメリットは大してありません。

戦闘時間と必要な回復薬を消耗して得られるものよりも、ひたすらアイテム集めをしていた方が終盤まで生き残れる確率が高いので、戦闘は避けた方が無難です。

スクワッド等と違ってソロだと助けはきません。

なので戦闘中に不利になって逃げたい場合でも、しつこく追いかけてくる相手から逃げきれない事が多々あります。

その為にヘイトを集めない事。目立つだけなので無駄なジャンプや高く浮遊する事もしない方が良いです。

ソロでのルーンは何が強い?

色々好みがあると思いますが、生存率を上げる事をメインにおいて考える場合、ソロだと「透明」「テレポート」が強いです。

どちらも戦闘を避けやすく、一撃離脱も可能。

戦闘を避ける面に寄っているのが「透明」。

戦闘も避けつつ移動に強いのが「テレポート」。

透明は移動や巻物を読む時にリスクが減り、テレポートは移動に強くアイテム回収に分があります。

他のルーンは戦闘向けなので、どちらかというと生存率を上げるものでは無いです。戦闘が上手な人なら良いんですけどね。

・・・狼の血?ソロで使う人いるの?

ソロでのタレントは何が強い?

汎用性が高くソロで使い易いタレントは、

MIND:スムーズルーン(ルーン最大+1)

BODY:機敏(ジャンプの高さ+、浮遊のマナ消費が減る)。
(戦闘に自信があるならスカベンジング(撃破時HPとアーマー回復)もアリ)

SPIRIT:リカバリー(ダメージの50%を回復)、渇望(ポーションと欠片の消費速度アップ)

あたり。

使用するガントレットや好み、キルムーブを意識するかどうかでも変わってきますが、上記のものは生存率を上げます。

※初心者に「生命の石(死んだときに1度復活)」をおすすめする人もいますが、ソロだと妨害してくれる仲間がいないので復活してもそのまま攻撃されて大体死にます。

【スペルブレイク】ソロでの序盤の立ち回りは?

序盤での立ち回りとして、

  • 降下地点はどこを選ぶ?
  • 降りたらまずやる事
  • 他の人を見付けたら
  • 最初の嵐

を解説していきます。

スペルブレイクのソロは序盤さえ乗り切れれば生存率がかなり上がるので、まずはこの序盤の立ち回りを意識しましょう。

降下地点はどこを選ぶ?

ソロでの立ち回りの前提である「戦闘を避ける」を意識して選びましょう。

マップの名前が付いている場所はチェストが多く配置されているので、基本的には名称の付いている箇所を選びます。

選んだらチェストの目の前に降ります。

着地してすぐチェストを開けるのと、10秒~20秒経ってからチェストを開けるのでは生存率が変わってくるので、基本的には必ずチェストの目の前に降りて下さい。

その際、なるべく人の少なそうな所が良いですね。

降りていく際に空中で視点をぐるぐると回転させると、ある程度他の人が近くにいるかどうかは分かるので必ず確認しましょう。

どうしても近くに他人が降りそうな場合は「なるべく遮蔽物のある箇所に降りる」「相手よりも高い場所に降りる」を意識すると良いです。

そして何故か人が多そうな所を選んで突っ込んでいく人が結構いますが、生き残る確率を上げたいならば人の少ない所に降りましょう!

降りたらまずやる事

上手く着地出来たら、一応周りに人がいないかチェックします。

あまり時間を掛けてもしょうがないので、軽く視点を回すくらいでもオーケー。

どんどんチェストを開けていきます。

  1. ルーンを手に入れる
  2. 装備(最序盤は特にブーツ)を手に入れる
  3. 回復薬、アーマーを手に入れる
  4. サブガントレットを手に入れる

上記4つがまずやる事。

この4つが揃うまでは戦闘になっても逃げた方が無難です。

ソロで強いルーンは「透明」「テレポート」ですが、最序盤は何でも可。

※最終盤はフライトも強いですが、序盤~中盤は割と的になります。

とにかく欲しいのを見つけるまでは、コモンでも良いので何かしらのルーンを装備しておいた方が良いです。

他の人を見付けたら

序盤で他の人を見付けたらそっと遠ざかった方が無難です。

立ち回りの前提でも書きましたが、戦闘のメリットよりもアイテム漁りのメリットの方が大きいので、生き残る確率を高めたいのであれば避けます。

戦闘に自信があるのならば戦っても良いですが、戦闘時間が長引けば長引くほど他の人の方が有利になっていく事を忘れないで下さい。


自分が透明、テレポート、フライトルーンあたりを持っていたら、街や小さめの村を離れる前or全く行かない方向に毒霧や炎、氷、岩などを放ってからルーンを使用して移動、というのもアリです。

もし誰かがいた場合、「攻撃された!?誰か近くにいるの?」と警戒してアイテム収集を一時ストップするので邪魔が出来ます。

ポイントは「邪魔をしつつ」「自分は確実に逃げる(離れる)」事です。

第三者には気を付けて下さいね。

最初の嵐

一番最初の嵐であればダメージは大したことない(回復薬小でも回復できる)ので、装備集めで嵐の中にある程度いても大丈夫です。

安置場所に近すぎなければ敵は嵐の中にはほぼいないので、装備品集めがはかどります。

安置場所近くで回復薬が置いてある場所を把握して置けば、安置に辿り着いて割とすぐに体力全快状態にもなれます。

ただし、移動系のスキル、ルーンが無いのにあまり長くいると次の嵐からも逃れられなくて死亡、何てことになりかねないので、丁度良いラインを見付けて下さい。

序盤の立ち回りまとめ

序盤での立ち回りとして、

  • 降下地点はどこを選ぶ?
  • 降りたらまずやる事
  • 他の人を見付けたら
  • 最初の嵐

を見てきました。

ポイントは「戦闘を避ける」「アイテムを揃える」この2点です。

中盤~終盤を生き残る為に、まずは自分を強くする事を意識しましょう。

【スペルブレイク】ソロでの中盤の立ち回りは?

恐らく中盤は他の誰にも会わないまま終盤に突入する事が多いと思いますが、

とにかくアイテム集め&戦闘を避ける

これに尽きます。

とはいえ、ずっとアイテム集めばかりしてても退屈な時もあります。

そんな時に出来る事。

遠くから敵を発見した

狙撃します。ヒャッハー!

ただし戦闘にならないように、自分が見付からないような攻撃の仕方をしましょう。

氷で撃って即移動、毒霧や落雷をぎりぎりの距離で放って即移動、透明ルーンを持っていたら攻撃したら透明化して離れる、など。

こっちのリソースを減らさない様にして、相手のリソースを減らします。

序盤は戦闘するメリットが無いですが、中盤ならば相手の回復薬1つ減らせれば、終盤まで減ったままという事もあり得るのでメリットになり得ます。

ただし自分の分は消耗しない様にして下さいね。

終盤の戦闘箇所になりそうな所の下見

嵐がある程度狭まってくると大よその終盤の位置が分かります。

そこで、

  • 地形や建物、遮蔽物の確認
  • 近くに放置されている回復アイテムの場所の確認

をしておきます。

マップを全て把握する位やり込んでいたら必要無いですが、そんな人ばかりじゃないですよね。

なので、地形を見て戦闘になった時の有利・不利な位置を把握しておく。

もし攻撃を食らった時に回復薬を減らさない為に回復薬の場所を確認しておく。

この2点をやっておくとやはり生存率が上がります。

【スペルブレイク】ソロでの終盤の立ち回りは?

大分安置場所も狭まってきた終盤の動きです。

※狼ルーンは終盤役に立たないので、これまでには別のルーンを装備しましょう。

ヘイトを自分に集めない動きをする事

安置場所が狭くなってきた終盤はちらほら他の人を見かけると思いますが、基本的にはこの2点。

  • 他の人同士が戦闘している所に離れた所からちょっかいを出す
  • 自分が狙われたらすぐ逃げる

自分がもし狙われたら逃げましょう。単純に逃げるだけだと難しいかな?と思ったら更に他の人も巻き込んで混戦にして自分だけそっと離れましょう。

この時に、中盤で地形を確認しておくと逃げやすいと思います。

敵が死んで放出したアイテム

この頃になると誰かが死んで散らばったアイテムを結構見かけますが、何も考えず真っすぐ回収にはいかないで下さい。

アイテムを見かけるという事は、人がいる可能性が高いという事。

無視しても良いのですが、もしまだ装備が微妙でアイテムを回収したい場合、一応周りを確認してから回収しましょう。

終盤で巻物を読む時間はかなりのリスクになりますが、透明ルーンを持っている場合は使用してから巻物回収に行くと結構成功します。

逆に散らばったアイテムを見張っておき、狙撃するのもアリですね。

最終盤になる前に回復を

本当に安置場所が狭い最終盤に入る前に、アーマーと回復薬は使っておきましょう。

最終局面になると回復薬を使っている暇は無いので、中盤をもう過ぎて終盤だなーという頃には、常にアーマー、体力はマックス状態にしておきましょう。

更に、ルーン+1になれるタレント、もしくは雷の場合は、ルーンもマックス状態まで貯めておくと良いです。

最終盤の1秒は序盤・中盤の1秒とは全然意味が違うので、貯めれるときに貯めておきましょう。

最終盤の動き

安置場所が非常に狭くなって、いわゆる「ピョンピョンゲー」「ドラゴンボール」状態になったら、とにかく地面にいる時間を短くする事。ちんたら歩いているとすぐ死にます。

ほぼ空中から毒霧、炎、岩あたりが降ってくるので、地面にいればいる程ダメージを食らってしまう確率が上がります。

マナの残量に気を付けつつ飛んで下さい。

エイム力に自信があるならばちょこちょこ攻撃しても良いですが、もし攻撃を当てるのが苦手な場合は攻撃よりも避ける方に意識を置いた方が良いです(人数が多くまだ乱戦状態の場合)。


撃破された人が放出したアイテムのあたりは特に狙う人が多いので近づくのは危険です。

回復薬が尽きたならその回収だけ行きたくなりますが、結局使えない事が多いです。

ただし透明ルーンを持っているならば、回復アイテムを使う時間も取れるかも知れません。その際は地形に気を付けましょう。

天井があるならば空中攻撃を避けられ、遮蔽物があるなら直線の攻撃は避けられますが、残りの人数がまだ多いなら回復は難しいです。


残り3人になった時。

1対1に自信があるなら1人ずつ撃破しても良いですが「1対1だと勝てない…」と自信が無い方は、なるべく他の2人を戦わせつつ、両方にダメージを与えます。

1対1になった時に少しでも有利な状況を作る動きをします。

とはいえ結構難しいと思うので、エイム力は磨きましょう。

【スペルブレイク】ソロでの立ち回りのまとめ【生存重視】

ソロでの立ち回りとして、前提と、序盤、中盤、終盤の動きを見てきました。

ポイントは

  • 基本的に戦闘にメリットが無いので、戦闘は避ける事
  • 自分は消耗しないで相手のリソースを減らす動きをする事
  • とにかくリスクを減らす

この辺りを意識してみると結構終盤まで生き残れると思います。

今後のアップデートでゲームバランスがどうなるかは分かりませんが、現状のソロの立ち回りとしてはこんな感じでいけると思います。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

※とにかく生き残りたい!という方はこちらの記事も是非↓